乳児湿疹を防ごう|清潔にすることが予防につながる

赤ちゃん

赤ちゃんにできる湿疹

女性

乳児湿疹は、生後2週間から6ヵ月くらいの、肌の弱い赤ちゃんの時期にできる湿疹の総称です。さまざまな原因があるのが特徴で、あせもは汗をかいて蒸れた、背中やお尻にできやすくなるため、肌を清潔にする必要があります。

もっと見る

湿疹が出ないようにする

生活用品

湿疹をケアする

赤ちゃんの肌は、生まれてすぐは赤黒く、それほどきれいでもないですが、だんだんと肌が白くなってきて、きめ細かく、透き通るような肌になります。しかしながら、きれいな肌もつかの間で、しばらくすると乳児湿疹が出てくる子供も多いのです。乳児湿疹は、体内の不要なものが出ているという説もあり、それほど心配がいらないものなので、清潔にしてあげると良いです。乳児湿疹が出ている間には、お風呂ではベビー石鹸で洗ったあとはシャワーでしっかりと石鹸の成分を流してあげるようにします。また、肌に触れる肌着や洋服も、素材にこだわってガーゼなど、優しい生地にします。肌に刺激を与えないように、極力配慮してあげると、乳児湿疹も良くなります。

身体の内側から対処する

乳児湿疹が出た場合には、医師であってもアトピーとの判断がつきにくい場合があります。親がアトピーであったりする場合には、妊娠中の食事にかなり気をつけるだけで、赤ちゃんには症状が出にくくなります。そのため、母乳で赤ちゃんを育てている場合には、自身の食事を気をつけることで、乳児湿疹の症状も軽くなることがあります。湿疹はかゆいときもあるので、母親が甘いものや油分を控えてあげると、母乳を飲んでいる赤ちゃんのかゆみがましになる場合も有るのです。赤ちゃんに強い薬は使用できないので、スキンケアと、体内からと、両方からアプローチをしていくことで、湿疹の症状も劇的に良くなったりします。赤ちゃんが乳児湿疹になった場合には、時期が過ぎるまで対処を続けます。

豆知識や工夫することとは

親子

赤ちゃんの乳児湿疹に多いのが、乳児脂漏性湿疹といわれています。これは頭部や顔に、ふけやかさぶた様のものが出てくるといわれています。またこれは母親からの女性ホルモンの影響が考えられます。そして乳児湿疹から赤ちゃんの肌を守るためには、工夫してスキンケアを行う必要があります。

もっと見る

人気の理由や注意すべき点

窓

乳児湿疹を予防するためにも、日ごろのスキンケアは欠かせません。スキンケアにベビーローションを使う人も少なくありませんが、無香料・無着色など添加物が入っていないベビーローションが人気となっています。また汚れを落とすために入浴も必要ですが、入浴の仕方には注意が必要です。

もっと見る